コンビネーショントーニング

脂漏性角化症(しろうせいかっかしょう、老人性疣贅、ろうじんせいゆうぜい ともいいます)などが多発した混在したシミの場合などは、10回以上治療回数が必要な場合もあります。
そのような場合は、通常のQYAGトーニングに加えて電気焼灼治療やQスイッチヤグレーザー、Qスイッチルビーレーザーなどの併用治療を同時に行うことで治療回数を短縮させることができます。

QYAGトーニングと組み合わせるため、治療回数を複数回に分けることが可能になったゆえに、単独で電気焼灼治療やQスイッチヤグレーザー、Qスイッチルビーレーザー治療を行う場合よりもかなり出力を下げて様子を見ながら複数回治療することができ、その結果、炎症後色素沈着の惹起されてしまった場合でもQYAGトーニング自体が色素沈着トーニングとしての治療でもあるため早期の改善が図れます。

 

成長因子療法+コンビネーショントーニング+ダブロ 複合治療例

0316 1 (16).jpg

0316 1 (17).jpg

 

コンビネーショントーニング  施術例

0316 1 (2).jpg

0316 1 (3).jpg

0316 1 (18).jpg

0316 1 (1).jpg

0316 1 (4).jpg

0316 1 (5).jpg

 

(35歳 男性)

0316 1 (7).jpg

0316 1 (6).jpg

(61歳 男性)

0316 1 (9).jpg

(28歳 女性)

0316 1 (8).jpg

0316 1 (13).jpg

0316 1 (14).jpg

0316 1 (15).jpg

▲このページのトップに戻る